中津川市・恵那市・瑞浪市・土岐市・多治見市・南木曽町の業務用電話、コピー機、蛍光灯、Webカメラ、光回線TDS光、インターネットは東海電話設備

中津川市・恵那市・瑞浪市・土岐市・多治見市・南木曽町の業務用電話、コピー機、LED、Webカメラは東海電話設備

スタッフブログ

Staff Blog

こんな画面には要注意!!

システムコンサルタント 成瀬真太郎 2018.04.18

システムコンサルタント 成瀬真太郎

こんにちは!

システムコンサルタントの成瀬です。

今日はみなさんにちょっと注意していただきたいことがあるんです。

 

それは、

「ルータのDNS設定書き換えに注意してください!」

ということです。

 

と、言われてもなんのことやら…

という方こそ、注意していただきたいのです。

 

 

どういうことかと言いますと、

3月中旬頃から、ルータに侵入しDNS設定を不正に書き換え、ルータの配下にあるPCやスマートフォン等からのインターネットの接続先を勝手に不正サイトに誘導してしまう、という攻撃が相次いでいるようなのです。

 

いやいや、というかそもそもDNSってなんぞや、ということであれば、ざっくり説明させてもらいますと、

DNSとは「インターネットの案内人」的なものだと思っていただければ。

 

たとえば、最近よく名前を聞く「A」という店に行きたいけど、その店の名前は知っていても、場所までは知らない。

そこで、「道案内」と書かれた看板を目にします。

こりゃいいやとばかりに、「A」という店の場所知りませんか?と尋ねました。

道案内の人は、Aという店なら、ここをこう行って、こう曲がって、その先にありますよ、と教えてくれました。

これでようやく「A」の店の場所も分かったので、無事その店に辿り着けましたとさ。

 

という流れの中での、「Aという店の名前」が、見たいWEBサイトのURL。

「道案内」として、URLからインターネット上のIPアドレスを教えてくれるのがDNSです。

 

でももし、この道案内人が悪い人だったら?

案内された先が行きたかったお店ではなく、ボッタクリの店だったら…?

 

つまりは、ルータの中の道案内の機能がいつの間にか書き換えられて、悪いやつ(不正DNSサーバ)が怖い店(フィッシングサイト等)に誘導するようになってしまう、ということなんです。

なんて恐ろしい…

 

ちなみに、こういった事例の代表的なものでは、こんな感じの画面が出ていたようです。↓

ちょっと何言ってるのか分かりませんね。

でも、こんな怪しげな画面はクリックしたらダメです、絶対!

 

 

では、どうしたらよいかということですが、ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロさんはこう仰ってます。

 

(1) ルータのファームウェアを最新にする

(2) 初期設定のパスワードや推測しやすいパスワードを見直す

(3) WAN側から管理機能へのアクセスが不要な場合には、LAN側からのみアクセスできるよう設定する

 

とのことです。

もしご心配な方は一度ご確認いただいてはいかがでしょう。

ソンナコトイワレテモコマッチャウヨ…という方は、東海電話までご一報いただければお力になれるかと思います。

それではみなさま、セキュリティには十分お気をつけて快適なネットライフを!

お問い合わせ

ビジネスホン、コピー機(複合機)、LED、Webカメラ、光回線の導入についてお気軽にお問い合わせください。

〒508-0001岐阜県中津川市中津川3393-5・営業時間8:30~17:30(土日祝定休)

このサイトのトップへ

© 2018 東海電話設備 株式会社. All rights reserved.